バイナリー 確定申告 計算

バイナリーオプション

バイナリー 確定申告 計算

通常、一定額以上の利益が出ていない場合は確定申告をする必要がありません。しかし、繰越控除を受けることでその年に発生した損失を、店頭FXや取引所の先物取引などの利益と翌年以降の3年間相殺することができます。これにより、利益が出た年の課税対象額が本来よりも少なくなり、納税額も減額できるのです。

freee会計は取引内容や質問の回答をもとに確定申告書を自動で作成できます。自動作成​​した確定申告書に抜け漏れがないことを確認したら、税務署へ郵送もしくは電子申告などで提出して、納税をすれば確定申告は完了です。また、freee会計はe-tax(電子申告)にも対応しています。e-taxからの申告は24時間可能で、税務署へ行く必要もありません。青色申告であれば控除額が10万円分上乗せされるので、節税効果がさらに高くなります。e-tax(電子申告)を検討されている方はこちらをご覧ください。

FXで得た利益は「先物取引に係る雑所得等」に区分され、所得税15%と地方税5%の一律20%で課税されます。これは、給与などほかの所得とは別に税額を計算して納税する申告分離課税となるため、原則として確定申告が必要です。また、2013年1月1日から2037年12月31日までの期間は「東日本大震災からの復興の為の施策を実施する為に必要な財源の確保に関する特別措置法」に基づき、所得税額に対して2.3151%の復興特別所得税が課されます。そのため、この期間の税率は20.315%となります。

ちなみに、この確定申告期間中であれば何度でも確定申告を提出することができますが、もし期間内に確定申告が行えなかった場合は「期限後申告」となり罰則が発生するため注意が必要です。

また2022年は確定申告締め切り間近でe-taxに障害が発生して使えなくなるなど問題が発生しました。来年以降は余裕を持った確定申告をするように気を付けておきましょう。

自営業者・専業主婦・学生など扶養家族に入っている場合、FXによる所得が年間38万円を超えると確定申告が必要になります。これは、配偶者や扶養親族は、年間合計所得金額(収入から経費を差し引いた利益)が38万円を超えると扶養から外れるためです。この38万円という金額が、控除を受けられるかどうかの判断基準となります。配偶者控除の詳細については、国税庁「配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて」を確認してください。

そもそも税金とは、収入から「控除」を差し引いた「所得」に基づいて計算が行われますが、2018年度の税制改正で決定した、所得税・住民税の基礎控除の引き上げと給与所得控除の引き下げが2020年1月1日から実施され、2021年(令和3年)の税金支払から適用されます。

freee会計は〇✕形式の質問で確定申告に必要な書類作成をやさしくサポート!口座とのデータ連携によって転記作業も不要になり、入力ミスも大幅に削減します。

2023年に行う確定申告対象は、2022年1月1日~12月31日までの1年間に得た収入が対象です。個人事業主の消費税と贈与税の申告なども合わせて、期間内に確定申告を行う必要があります。

株式の売却などによる所得は「譲渡所得」で、ほかの所得と区分して税金を計算する「申告分離課税」となります。株式、投信、債券の譲渡所得は通算が可能です。

先述の通り、一定以上の利益が出れば確定申告を行わなければなりません。しかし、損失があった場合にも確定申告をしたほうがよい場合があります。これは、利益が出るとは限らないFXならではのものです。損失が発生した年にこそ、確定申告をすることによって節税につながるケースがあるので覚えておきましょう。

2019年分の確定申告期間は、2020年2月17日~3月16日の間に行う必要がありましたが、現在は確定申告期間を過ぎ終了しています。

ご契約内容により、確定申告が必要になる場合があります。

完成した確定申告書を提出・納税して確定申告が完了!

詳しい変更点については2023年(令和4年分)の確定申告の変更点を徹底解説まとめをご覧ください。

コメント

Copied title and URL