暗号資産(仮想通貨)で「儲ける」方法は大きく分けて 二つある

バイナリーオプション

また 仮想通貨を他の取引所へ送金する場合の手数料も無料だ

一方、仮想通貨の場合は、24時間365日取引できるため、平日仕事であっても取引時間に煩わされることなく、自分のライフスタイルに合わせて取引が可能になる。

暗号資産(仮想通貨)で「儲ける」方法は大きく分けて、二つある。株式投資と同様に、値上がり益(キャピタルゲイン)を狙う方法と、暗号資産の「マイニング」によって報酬を受け取るという方法だ。

市場価格が安い時に買って、高い時に売ることで利益が発生する仕組みなっている。 例えば、1BTCが100万円の時に購入し、1BTCが200万円になった時に売れば、1BTCあたり100万円の利益が発生する。実際の取引では、仮想通貨は0.00001BTCなどの小数点単位でも購入することができるため、500円などの少額でも購入できる。

仮想通貨の積立とは、定期的に一定金額の仮想通貨を購入する投資手法です。毎回手動で購入手続きをすると手間がかかるので、自動積立サービスのある取引所を利用するのがおすすめです。

入金はクイック入金が5,000円から、銀行振込は下限なしでともに手数料無料。また、仮想通貨を他の取引所へ送金する場合の手数料も無料だ。

イールドファーミング(流動性マイニング)とは、DeFi(分散型金融)上に仮想通貨を預けて流動性を提供し、対価として報酬を得る仕組みです。

「販売所取引」では、bitFlyerなどのような暗号資産(仮想通貨)取引所を相手に取引を行うことになる。 それに対して、「取引所取引」では、暗号資産(仮想通貨)取引所ではなく他の個人投資家を相手に取引を行う。

アービトラージとは、取引所間の価格差を利用して儲ける方法を指す。暗号資産(仮想通貨)はドルや日本円といった法定通貨とは異なり、流動性が不十分なことも多い。そのため、同じ暗号資産でも取引所によって価格が異なることも珍しくないのだ。

Q.暗号資産(仮想通貨)の投資に魅力を感じる点はなんですか?

また、今後新たに暗号資産(仮想通貨)が上場するタイミングで、上場する取引所で口座開設していないと、すぐに投資できず投資チャンスを逃してしまう可能性がある。複数の取引所に登録しておくことで、新規上場にともなう値上がりの波に乗ってリターンをねらうこともできるだろう。

暗号資産(仮想通貨)取引を行う上で、セキュリティや送金速度などの利便性は、高ければ高いほど良いと言える。上述したようなことからも仮想通貨がアップデートされるときも、儲かりやすいタイミングのひとつと考察できる。

今回は、暗号資産(仮想通貨)への投資で利益を生む(儲ける)方法や、取引を行うために利用する取引所などについて解説する。

仮想通貨とは、ブロックチェーン上で発行された、特定の運営母体を持たないデジタル通貨のことです。「Satoshi Nakamoto」という正体不明の人物が発表した論文をもとに開発され、2009年に世界初の仮想通貨であるビットコインが誕生しました。

Coincheckは扱っている仮想通貨が20種類と豊富です。

2021年10月現在、日本国内で取り扱っている暗号資産(仮想通貨)(暗号資産)の種類が多いのはコインチェックだ。コインチェックは19種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、ビットコインやイーサリアム、リップルなどの有名なものに加え、知名度の低いアルトコインも数多く取り扱っている。また、アプリダウンロード数No. 1という実績を持つことや、マネックスグループの傘下に入りガバナンス体制やコンプライアンス体制を強化し続けていることなどから、信頼できる取引所であると言える。

コメント

Copied title and URL