ハイロー turboスプレッド

バイナリーオプション

ハイロー turboスプレッド

スプレッド幅ですが、ハイローオーストラリアでは取引時間が短くなるごとにスプレッド幅も狭まっていくのです。例えば上の画像は30秒取引の画面ですが、±0.01となっていますね。

①:取引タイプの選択HighLow(ハイロー)、HighLowスプレッド、Turbo(ターボ)、Turboスプレットの4種類の取引が選択可能です。最も多く使われる取引は「HighLow」で、30秒や1分といった短期取引には「Turbo」の文字が付いています。

既にハイロースプレッドやターボスプレッドで取引を行ったことのあるトレーダーの方はその概要を把握していると思いますが、スプレッド=レンジ外だと思っていただければ分かりやすいはず。

まずはHighlow.com(ハイローオーストラリア)ではじめて取引をする人の為に、取引画面の見方と重要なポイントを解説しておきます。既に取引で使ってる人は、再確認のつもりでご覧下さい。

取引時間や銘柄にもよりますが、ハイローオーストラリアのスプレッド幅は0.1pips~となっており、通貨ペアの短期取引を行うという方ならば0.1pips~0.4pipsほどです。

ハイローオーストラリアではバイナリーオプションの基本的な取引でもある上がるか下がるかを予測するHighLowをはじめ、スプレッドの設けられたHighlowスプレッド、またこれらの取引を短い取引時間で行うTurbo、Turboスプレッドの4種類の取引を状況に合せて利用可能です。

とはいえターボスプレッドやハイロースプレッドでデメリットとなる点に関してはその名の通り“スプレッドがある”と言うことのみ。

既にハイローオーストラリアで取引を行なっているという方でも、意外と4種類全ての取引方法を駆使して取引を進めているという投資家の方は少ないのではないでしょうか?

尚、ハイローオーストラリアの詳細情報についてもまとめていますので、興味のある方は御一緒にどうぞ!

ハイローオーストラリアでスプレッドを実感するのに、資金が掛かるわけではありません。

しっかりと取引のポイントを見つけることができればターボスプレッドやハイロースプレッドは資産運用に有利に働くのでしっかりとMT4などを使って取引を有利に進めましょう。

通常の取引よりも満期の前に取引を終える転売は、勝率だけを考えると転売機能を使った方が高くなる事もあるので、興味のある方は転売機能について詳しく解説をしておりますので、 「ハイローオーストラリアの転売(途中決済)を使った攻略法」もご一緒にごらんください。

次にハイローオーストラリアにある4種類の取引方法について掘り下げて解説していきます。各取引を攻略するためのポイントも併せて御覧下さい。

ハイローオーストラリアの新プラットフォーム、ペイアウト率の上昇部分はハイローの取引等で利用する最低ペイアウト率が底上げされている事です。転売等で取引をするのなら、マイナスな面はあまり無いように現段階では感じます。

ハイローオーストラリアで記載している0.10とは0.1pipsのことでドル円だったら0.001円以上動けば勝ち、ユーロドルだったら0.00001ドル以上動けば勝ちとなっているので少しでも値動きがあれば十分に勝てるでしょう。

コメント

Copied title and URL