40代から 金持ち になる方法

バイナリーオプション

40代から 金持ち になる方法

50代では金融資産保有額が3,000万円以上と回答したのは13.8%で、最も割合が高くなっています。次に回答が多かったのは1,000万円〜1,500万円の11.7%、そして2,000万年〜3,000万円の10.8%となっており、多くの方が1,000万円以上の金融資産を保有しています。また、30代、40代と比べると50代は資産保有額が大きい傾向です。

「富裕層」と聞くと、お金持ちというイメージがありますが、実際にどういった方を富裕層と呼ぶのかご存じでしょうか。貯金がたくさんある、年収が数千万円、不動産などの資産を多く持っているなど、なんとなくイメージできるけれど、詳しくは分からないという方も少なくありません。

また、日本における準富裕層は40代の現役世代が多く、3,000万円以上と回答したのは全体の7.6%で、30代の0.9%に比べると大きく増加しています。

しかし、早いうちから資産形成を行うことで準富裕層、富裕層、もしくは超富裕層になることも可能です。ぜひこの機会に資産形成を始めてみてはいかがでしょうか。

インカムリッチ・プロフェッショナルと呼ばれる、専門性が高く高収入な職業の年収として、弁護士で728万円、公認会計士で680万円ほどが平均的です。また、外資企業の役員クラスになると年収が1,500万円〜5,000万円にものぼります。

ちなみに、資産1億円〜5億円の「富裕層」は139.5万世帯ある。富裕層でも一般からすれば十分な「お金持ち」だが、超富裕層はまさに「大金持ち」というイメージがふさわしいだろう。

三菱UFJ国際投信株式会社のつみたてシミュレーションによると、退職金平均1,600万円を元に、プラスで毎月2万円を20年間(60歳〜80歳の20年間)を5%で運用すると5,100万円になります。これで、準富裕層としての条件を達成することが可能です。

40代になると金融資産保有額の割合が大きく変わります。40代の金融資産保有額は1,000万円〜1,500万円が12.7%と最も多く、次に700万円〜1,000万円の9.0%です。

富裕層になると、生活水準が非常に高く毎日贅沢をしているイメージがあるかもしれません。もちろん、中には贅沢を楽しむ富裕層もいるでしょう。しかし、多くの富裕層は資産形成にお金を費やしています。

富裕層の資産は「純資産保有額1億円以上5億円未満」と定義されています。ただ、これは純資産であるため、総資産を考えるともう少し多くなるかもしれません。また、超富裕層になると「純資産保有額5億円以上」になります。

そして、これは富裕層でない方にも適している資産運用の方法です。つみたてNISAという制度を使えば少額から投資をすることができ、一定の期間、投資で得た利益が非課税になります。

オカネコマガジンは、お金の悩みを抱えるユーザーとお金の悩みを解決する専門家をマッチングするサービス「オカネコ」を運営する株式会社400F(フォーハンドレッド・エフ、本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 仁)が運営する、みんなのお金のことが分かるオウンドメディアです。

従来の株式投資は、購入可能な1単元が100株や1,000株に設定されていることが多く、数十万円を超える資金が必要となるケースが一般的でしたが、昨今では数万円から購入可能なミニ株が登場しており、資金が少ない方でも株式投資に挑戦できるようになりました。

豊富な資金を活かしてキャッシュで購入すれば利息を支払うことなく、家賃から維持費を除いた額がそのまま収益になる。

そこで、「準富裕層の実態はどうなっているのか」「どれぐらいの年収であれば準富裕層になれるのか」といったことについて詳しく解説します。

コメント

Copied title and URL