fx 損切り 目安

バイナリーオプション

fx 損切り 目安

トレール注文は、指定した損切り価格が相場に合わせて変動する特徴があります。レートが上昇すると、逆指値注文の値も上昇していく注文方法です。わかりやすくいうと、逆指値がレートについていくイメージです。

損切りの予約注文の中で、基本となるのが「逆指値注文」。 同じ予約注文に「指値注文(リミット注文)」がありますが、「指値」は今より相場が有利になったら決済されるもの、「逆指値」は不利になったら決済されるものです。 損切りは含み損が増えていく、つまり今より不利な状態で決済されるものですから、逆指値での注文になります。

トレーダーBは、損切りしなかったため、トレーダーAの5倍の損失を負ったことになります。このように、損切りを行わないと損失を負ってしまう恐れがあるため、FXでは「利益確定よりも損切りが重要」といわれています。

勝率と損益のバランスはどうか、実際にどういう場面で損切りとなり、どんな場面で利益になったか?それらを記録して振り返り、改善策を考え、今度のトレードで再び実践と検証を繰り返します。とくに損切り幅が大き過ぎて無駄な損失が出ていないかや、逆に小さすぎて無駄な損切りが多発していないか、などは注意すべきポイントです。

リスク回避のために損切りシステムがありますが、初心者の方だとパフォーマンスが安定しないことも考えられます。コントロールが上手くいかない場合だと、資金管理を上手にすることができないでしょう。最初は小さなポジションを保有し、実際に取引をしてみながら経験を積んでいくことがおすすめです。

IFD注文は「IF-Done」を略したもので、「イフダン」と読みます。IFD注文は、新規の注文と決済の注文を同時に行う方法で、「新規取引+利益確定」もしくは、「新規取引+損切り」の値段を設定しておけるのがポイントです。

FX取引で重要なのは、いかに損失額を小さくするかで、コツコツドカンは最も避けねばなりません。大きすぎる損切り幅は、本来の損切りの意味を果たすことなく、破綻につながってしまうこともあるでしょう。

迷いは損切りの大敵です。利益を確定させる決済とは異なり、損切りではルールを一切変えるずに、冷徹にポジションを切り捨てる強さが求められます。

4つ目の理由は、「次の投資シナリオが描きやすいため」です。例えば、10万円の投資資金があったとして、1万円の損失を負ったら損切りするというルールを立てたとしましょう。この場合、1回の取引で負う損失は最大1万円に限定されるため、仮に負けても「残りの9万円でどのように戦っていこうか」と次の取引シナリオをすぐに描けます。しかし、損失を限定していない場合、次の取引時には投資資金がいくら残るのか分かりません。そうなると、次の投資シナリオは描きにくくなります。

最後に損切りについて理解しましょう。

数値的なことだけでなく、損切りの根拠が適正だったかや、失敗した場合の共通項はあるかなども分析します。

例えば、110円でドル(USD)を買い、損切りラインを109円にしたとします。期待通りに相場が上がり、112円になった場合には、損切りラインを111円などに自動で上げてくれるシステムです。その後、相場が下がり111円になったところで、売り注文が執行されます。

とはいえ、ロスカットが執行される時は、一定水準以上の含み損を抱えている時です。ロスカットが執行される前に損切りをした方が、損失を最小限に抑えることができるでしょう。

どの期間の中での最安値を参考にするかは、トレードスタイルによって変わります。 スキャルピングでは数分~数時間、デイトレードでは数日~1週間、スイングトレードでは数ヶ月程度まで遡って確認しましょう。 ただし100%確実なものではありませんので、あくまで目安とし、他の判断方法とも組み合わせてください。

FXでは、たとえ優位性が高い行動を取っても、あっさり負けてしまうことはよくあります。負けを受け入れて被害を抑え、トータルでプラスにすることがFXで勝ち組になるコツといえるのです。利益が伸びるかは相場次第ですが、損失はトレーダーがコントロールできます。損切りをマスターすることが、FXで成功する第一歩といえるでしょう。

コメント

Copied title and URL