fx 損切り 自動

バイナリーオプション

fx 損切り 自動

いさぎよく損切りをすれば、また新たに仕切り直すことができます。「損切りしたくない」という理由で両建てをすることには意味がありません。

本文でも解説したように自動売買には損失が発生するリスクがあります。しかし、それは自分で取引をおこなう裁量トレードにも同じことが言えます。

どちらかと言えば自動売買は「レンジ相場向き」のトレード方法です。価格が同じくらいの値幅で動いているときに効果を発揮する自動売買システムが多いので、相場のチェックだけは欠かさないようにしてください。

つまり、101円になって売ったら、もう片方の「99円になったら売る」という注文は自動的にキャンセルになります。これにより101円の指値注文と99円で逆指値注文を両方実行してしまうことがなく、レートが荒れている状態でも利益と損失回避の両方に対して備えることができます。

一見、101円で指値注文を入れ、99円で逆指値注文を入れている状態と同じに見えるかもしれませんが、OCO注文の場合は片方が実行された場合もう片方は自動的にキャンセルとなります。

相場が激しく動いているときは自動売買で大損する可能性が高くなります。というのも、自動売買の弱点は値動きの急変に対応できないところです。

こうした相場のときに自動売買システムを使っていると、想定外の損失が生まれやすいので一旦注文をストップさせておきましょう。

”怠け者の楽々投資”です。相場の予測は難しいので、わかりやすく考えてなるべくほったらかしで運用したいです。トラッキングトレードはFXにぴったりなので、自動で注文してくれるのに任せます。

…と説明すると意味があるようにも見えるかもしれませんが、結局のところ損切りの決済をしたのと同じなので、経済的な合理性はありません。またFXにはスワップポイントの支払いやスプレッドという負担もあるため、素直に損切りするよりも余計なコストがかかる場合もあります。

トレール注文とは逆指値注文の一つです。
通常の逆指値注文は、「レートが指定した金額まで下がったら売る」というように、金額自体を指定する注文です。一方のトレール注文も同様に、「レートが指定して金額まで下がったら売る」注文ですが、指定した価格がレートの変動に合わせて自動的に変化することが特徴です。

仕組みを理解しないまま大きな金額を運用することは大変リスキーなので、初心者であればまずは少額から自動売買を始めてみてください。

先ほども少し触れましたが損切りの設定というのは非常に重要です。

損切りにまつわる失敗は「損切りできない」だけではなく、「損切りした後」にもあります。それは、損切りをした悔しさから「この負けを取り返そう」という思考になってしまうパターン。

本記事では、FXの自動売買システムとして人気のループイフダンを解説した。

「損切りの重要性はわかったけど、損切りばっかりしていたら資金を増やすことなんてできないだろう」「負けトレードよりも勝ちトレードを多くしなければ資金は増えない」

コメント

Copied title and URL