ベンジャミン・グレアム氏は 経済学者としての顔を持つ投資家です

バイナリーオプション

投資家にはいくつか種類があります

ベンジャミン・グレアム氏は、経済学者としての顔を持つ投資家です。1894年生まれの彼は「ウォールストリートの最長老」とも呼ばれ、バフェット氏が師と仰ぐもう一人の人物でもあります。グレアム氏の投資は、決算書の情報など今わかることをしっかり分析して判断するというスタイルでした。先のことは結局わからないのだ、という考えが根底にあります。

個人投資家は、その名の通り、個人で投資をしている投資家のことです。自分自身の資産を元手に、株式や債券などを取得します。

投資家は、将来的により大きな利益を得ることを目的として株式・債権・不動産・通貨などを取得し、保有する人を指します。個人投資家・機関投資家・外国人(海外)投資家の3種類に分けることができます。

藤巻健史氏は、経済評論家として活躍する投資家です。日本維新の会に所属して参議院議員を務めていたことでも知られています。三井信託銀行やモルガン銀行でキャリアを積みながら、金融関連の知識を身に付けました。テレビ番組に出演したり雑誌に連載したりしながら経済状況について自説を展開し、幅広く活動を行っています。

リンチ氏の投資の基本的な考え方は、誰も注目しないような銘柄に着目することです。特に個人投資家は、成功したければ市場が注目している企業ではなく日常生活の中で自分自身が良いと思った企業に投資するべきだ、と語っています。世の中の人々の言葉を盲目的に信じるのではなく、自分で説明できるものでなければ投資してはならない、と忠告しているのです。

名前の響きからは、投資についての知識が豊富で、裕福な人々を想像するかもしれません。しかし、実際に個人投資家として活動する投資家のなかには20~30代の若年層や、それほど収入の高くない層もいます。また、初めは独学で勉強しながら投資に挑戦したという人もたくさんいます。

各国の年金基金は、加入者の年金積立を元手として長期的な運用を行う機関投資家です。国や団体によっても違いはありますが、一般的に年金基金では保守的な運用が行われることが多く、運用過程への責任が大きいのが特徴です。

日本で投資活動をしているのは、日本人や日本に本社を置く法人に限りません。外国人(海外)投資家からの投資もかなりの割合となっています。特に、株式や債券などを扱う証券市場のおよそ6割は外国人投資家からの投資と言われています。

たとえば、起業家向けの交流会や投資家向けの勉強会のようなイベントは、都心部を中心に各地で開催されています。こういったイベントにはゲストとして投資家が招かれていて、講演を聞いたり直接質問したりすることができる時間が設けられていることが多くなっています。

ヘッジファンドは、顧客から集めた資金を複数の金融商品に分散して投資する法人の投資家です。投資に関して知識があり、リスク許容度が比較的高い個人投資家から、私募により資金を集めているため、比較的自由な運用を行うことが可能です。高い運用成績を狙うために短期的な売買を繰り返すことが多く、ハイリスク・ハイリターンの投資を行っていると言えるでしょう。長期的に運用することが少ないため、機関投資家とは別の扱いを受ける場合もありますが、投資家の一種であることに違いはありません。

もともとはファンドマネージャーとして活躍していましたが、現在は個人投資家としての活動が中心で、シンガポールに生活の拠点を置きつつ、たびたび帰国をしているようです。

ネット上で「B・N・F」というハンドルネームで活動するのは、小手川隆氏という東京在住の個人投資家です。みずほ証券がジェイコムの株式を誤注文したことで株式市場を大混乱させたジェイコム株大量誤発注事件で大儲けしたことから、マスコミなどで「ジェイコム男」と呼ばれて有名になりました。現在でも株式や不動産などへの投資を行っていますが、以前ほど目立つ活動はしていないようです。投資で成功するには慣れが大切だ、と語っています。

投資家にはいくつか種類があります。投資の勉強を始めたばかりの人にもわかりやすいように、そもそも投資家とは何かという解説から始めましょう。

有名な投資家は多忙な人が多く、一対一で話をするのは非常に難しいのが現実です。ただし、積極的にアプローチをすれば投資家と出会う機会を得られるかもしれません。投資家は情報に対するアンテナが高い人が多いので、新しいビジネスの構想のように有益な情報を伝えることができればきっと反応してくれるでしょう。また、日頃から面白い情報発信を心掛けていれば、有名な投資家から声がかかる可能性もゼロではないのです。

そして、投資を始めて10年ぐらいで、トータルで1億円の利益を出せました。世の中には、「秒速で億稼ぐ」をウリにしている投資家さんもいるので、それに比べたら、10年で1億円は地味かもしれません。

コメント

Copied title and URL